バナー

キリスト教のお葬式でのマナー

お葬式に参列される際には仏式においても色々なマナーがあります。
特に日本においては仏式のお葬式に慣れているため他宗教のお葬式に参列されるときどうしても仏式の形式を基準にしてしまいがちですがそれぞれに適したマナーがあり場合によっては遺族に対して失礼に価する場合もあるので注意が必要です。
日本においても多いのがキリスト教のお葬式への参列です。

足立区のペット葬儀の口コミ情報をまとめました。

まずお葬式の意味、つまり死に対する意味合いが仏式とは異なるためお葬式での言葉には少し気を配った方が良いといえます。


キリスト教では死は神に罪を許され天に招かれ永遠の安息を得ると言う考え方が根底にありお葬式も故人の死を悲しむのではなくむしろこれを喜び記念する礼拝に位置づけられ神への感謝と遺族への慰めのための祈りが中心になります。

故人の死が悲しむものではないと言う事は理解しておく必要があります。

葛飾区のペット葬儀に興味ある方、必見です。

次に服装ですが葬儀には男性は喪服かダークスーツ、女性は喪服か黒系統のなるべく地味なスーツあるいはワンピースで、男女共に不必要な装飾品は身につけないようにします。

又葬儀に際して数珠などは持っていかない事、香典袋についてはカトリックの場合水引をつけずに無地の封筒に御ミサ料と表書きします。


葛飾区のペット火葬の情報ならこちらで掲載されています。

プロテスタントの場合は同じく水引をつけない白地の無地の封筒、または十字架やユリの絵柄の入った市販のキリスト教の香典袋に献花料ないしはお花料と表書きします。

故人の宗派の分からない場合には水引をつけない白地の無地封筒にお花料としておくとどちらの宗派でも失礼には価しません。
香典はふくさに包み持参してください。


大阪の葬儀ならお任せください。

葬儀の中で歌われる賛美歌や聖歌などはどうしても分からない場合には譜面を開いているだけでもかまいません。
また祈りの時には宗教的な事柄を取り払い故人の安らかな眠り、あるいは故人との思い出など目を閉じ心の中で静かに祈ってあげる事が大雪です。

また一般的に葬儀の中ではお焼香は行われません。

素敵な三重の葬儀情報収集ができます。

変わりに献花が行われるので一礼をして花が右手側になるように両手で受け取り祭壇に進んだ後一礼、花を時計回りに回し花が手前を向くようにした後手を持ち替えて祭壇に根元が向くように置き静かに一礼と言う順序になります。


https://www.youtube.com/watch?v=inSKkGbJ9hU
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/4860137.html
https://www.facebook.com/sogi24